アパート経営の失敗事例を参考にして同じミスを防ごう

集合住宅
マンション

セミナーを活用

老後の生活資金に不安を感じているなら、マンション経営で家賃収入を得ると良いでしょう。セミナーに参加すれば、初心者の方でも知識やノウハウを得ることができるので、経営を成功させやすくなります。

お金

滞納リスクを減らす方法

高齢者や個人世帯のような連帯保証人のなり手がいない場合でも、家賃債務保証サービスを利用すれば、安心して賃貸契約ができます。家賃滞納リスクを不安に感じるなら、導入すると良いでしょう。

始めるまでの流れ

アパート

これからアパート経営を始めようと思っているなら、アパート経営を始めるまでの流れを把握しておきましょう。最初に行なうのが、物件選びです。アパート経営の主な収入は、家賃収入ですから、物件選びを間違えて入居者が入らないと収入は得られなくなってしまいます。ですから多くの人が住みたくなるような、魅力的な物件を選ぶことが重要です。インターネットで情報収集できますが、自分の目で実際に物件やその周辺施設を見て、確認すれば物件選びで失敗する確率は減らせます。物件が決まったら、金融機関で不動産投資のローンを組みます。月々の金利と支払額がローンを組む上で重要なので、後々公開しないためにも、しっかり確認しておきましょう。アパート経営では、建物の掃除や家賃回収などの業務が必要ですが、これらは管理会社に任せるのが一般的です。管理会社の質も様々で、入居者への対応が遅く、退去要因になることもあるので管理会社も慎重に選んだほうが良いです。最後に、アパートの不動産売買契約を結び、所有権移転等の登記を行なったら経営をスタートできます。このように始めるまでのステップは色々ありますが、アパート経営で失敗しないためには、どのステップでも手を抜かないことです。特に、物件選びや管理会社選びなどを失敗して、アパート経営を始めてから後悔する人はたくさんいます。失敗するのが不安なら、トラブル事例や失敗事例を事前にチェックしておくのも1つの方法です。他人の失敗事例を見ることで、同じような失敗をしないように対策することができます。

積み木

一括借り上げの利点

一括借り上げを利用すれば、空室リスクを解消でき、管理も任せられるのでオーナー側としては楽です。しかし大きなトラブルに発展することもあるので、注意しておいたほうが良いです。