アパート経営の失敗事例を参考にして同じミスを防ごう

男性

滞納リスクを減らす方法

お金

不動産投資を始めるなら、「家賃債務保証サービス」について知っておいたほうが良いです。まず、家賃債務保証とは、住宅の賃貸借契約で家賃債務を担保するために求められる保証のことを言います。一般的には連帯保証人が立てられるのですが、家賃債務保証サービスを利用すれば、その連帯保証人を代行してくれるのです。家賃債務保証サービスは、不動産会社や宅建業者、専業会社などが提供しています。家賃債務保証サービスの仕組みとしては、借主が家賃滞納をした時に、保証会社が家賃の建て替えを行なうというものです。建て替えた家賃は借主が支払う必要がありますし、借主や保証会社に対して契約料とは別に毎年保険料を支払わなければいけません。貸主にとっては、家賃滞納のリスクを減らせるというメリットがありますが、借主にとっては家賃とは別に保険料の支払いという負担が増えます。そのため入居希望者が契約内容を確認した際に、負担を感じて入居希望をやめるというケースもあります。貸主側はメリットだけではなく、空室リスクが高まる可能性もあるので注意が必要です。

近年の失業率の増加によって、収入が突然なくなる人が多く、家賃を滞納する入居者が急増しました。そこで家賃滞納のリスクを回避するために、家賃債務保証サービスを利用する貸主が多くなっています。貸主側の需要が高まっただけではなく、借主側の需要も増えています。その理由は、高齢者や個人世帯の急速の増加です。高齢者や個人世帯の場合、連帯保証人のなり手が少ないため、家賃債務保証サービスを活用して連帯保証人を代行してもらうのです。そうすることで、連帯保証人のなり手がいないような人でも、賃貸契約ができるようになりました。