アパート経営の失敗事例を参考にして同じミスを防ごう

男性

一括借り上げの利点

積み木

「空室リスクが不安」「管理が面倒」などの理由で、不動産投資を始めないという人は多いです。このような不安は、一括借上げで解消できます。一括借上げとは、オーナーが所有している投資用物件を、不動産会社が借上げて転貸するというものです。不動産会社が借り上げをして、入居者募集や投資用物件の管理などを行なってくれるので、空室リスクを解消できますし管理の手間も省けます。ただ、オーナーは不動産会社に借上賃料を支払う必要があるので、直接入居者に部屋を貸し出す場合よりも家賃収入は低くなります。一括借り上げを利用すれば、手間をかけずに収入を得られるので、不動産初心者の方にぴったりでしょう。しかし一括借り上げが、トラブルに発展することもあるので、注意したほうが良いです。

トラブル事例として、不動産会社が入居者に対して、多額の請求をしているケースです。現状回復の費用を、250万円以上請求している事例があります。一般的な住み方をしていたのにも関わらず、椅子の痕や壁紙の剥がれ、ハウスクリーニング、テレビ端子の交換などの理由で250万円以上も請求するのです。このような多額の請求は、入居者が困ってしまうだけではなく、物件のイメージが悪くなり、空室リスクを高める原因となってしまいます。一括借り上げを依頼する不動産会社が、信頼できないような会社だと、このようなトラブルを招いてしまうので注意したほうが良いでしょう。口コミや評価、実績などをしっかり確認した上で、一括借り上げを依頼すると安心です。